クリスマス
Christmas

スポンサーリンク

名前はラテン語で「キリスト(Christ)のミサ(mas)」を意味する。

現在ではキリスト教圏の国々(一部除く)で、救世主誕生の日とされているが、聖書の中に「イエス・キリストは12月25日に生まれた」という明確な記述はない。

12月25日はもともと、紀元前1世紀から5世紀にかけてローマ帝国下で大きな勢力を持っていたミトラス教の太陽神を祝う冬至祭の日。ネロ以来禁止されていたキリスト教を西暦313年コンスタンティヌスが公認したことで、ローマ帝国内で徐々に広まり、ミトラス教の冬至祭をキリスト教が取り込んだのではないかと考えられる。その後もクリスマスは各地の異教祭や民族行事を取り込み現在の形になったと考えられる。

ヨーロッパなどの国々ではクリスマスはクリスマスカードや料理を食べて一緒の時間を過ごす。子供たちは12月24日プレゼントをもらい、その場では開けずにクリスマスツリーのそばに置き、25日に開けるなど国々で風習などによって若干の違いがある。

最近では、ハロウィンと同じように宗教性が薄れ、年末の行事として認識されている。

スポンサーリンク

神話に関する参考書籍

  • 教養としてのキリスト教
  • ギリシア神話
  • ギリシア神話を知っていますか
  • ギリシャ神話 - 付・北欧神話 -
  • キリスト教ハンドブック
  • ケルトの神話 - 女神と英雄と妖精と
  • 神話の力
  • 図解 北欧神話
  • 「世界の神々」がよくわかる本
  • 世界の神話がわかる - 「民族の聖なる神と人の物語」を探究する! -
  • 「天使」と「悪魔」がよくわかる本
  • 天使の事典 - バビロニアから現代まで -
  • 北欧神話
  • 「北欧神話」がわかる オーディン、フェンリルからカレワラまで
  • 魔法と錬金術の百科事典
  • ロードス島攻防記
  • ローマ人の物語(1) ローマは一日にして成らず(上)
  • ローマ人の物語(2) ローマは一日にして成らず(下)
  • ワクワクするほど面白い世界の神話
このページのトップに戻る