ウロボロス
Uroboros

スポンサーリンク

名前はギリシア語で「尾をむさぼり食うもの」を意味する。

古代ギリシアでは、頭(誕生)と尾(死)を自らくわえた姿から不死、無限の象徴と考えられていた。

紀元2世紀頃には思想主義・クノーシス派は誕生、死を繰り返す姿から無限の再生を意味していると考え、「ウロボロスこそイエス・キリストである」として蛇を崇めるようになったが、当時、蛇を悪魔の使者と考えていた教会によって弾圧された。

中世になり錬金術師たちはウロボロスを完全、世界、変化などの物事の「全て」であると考えるようになった。さらには、「完全」と「変化」からウロボロスは非金属や鉄や銅などの金属を黄金に変化させる賢者の石の象徴として考えられるようになった。

スポンサーリンク

神話に関する参考書籍

  • 教養としてのキリスト教
  • ギリシア神話
  • ギリシア神話を知っていますか
  • ギリシャ神話 - 付・北欧神話 -
  • キリスト教ハンドブック
  • ケルトの神話 - 女神と英雄と妖精と
  • 神話の力
  • 図解 北欧神話
  • 「世界の神々」がよくわかる本
  • 世界の神話がわかる - 「民族の聖なる神と人の物語」を探究する! -
  • 「天使」と「悪魔」がよくわかる本
  • 天使の事典 - バビロニアから現代まで -
  • 北欧神話
  • 「北欧神話」がわかる オーディン、フェンリルからカレワラまで
  • 魔法と錬金術の百科事典
  • ロードス島攻防記
  • ローマ人の物語(1) ローマは一日にして成らず(上)
  • ローマ人の物語(2) ローマは一日にして成らず(下)
  • ワクワクするほど面白い世界の神話
このページのトップに戻る