ドヴェルグ
Dvergr

スポンサーリンク

一般にドワーフと知られている小人族。北欧神話では、巨人・ユミルを倒し世界を創った後、ユミルの屍から湧き出したうじ虫にオーディンが「人間の形と知恵」を与え地下や岩間に住む種族とした。

オーディンは4人の小人に東西南北の柱を支える役目を与え、それぞれアウストリ(東)、ヴェストリ(西)、スズリ(南)、ノルズリ(北)という名前を持っている。

ニダヴェリールの洞窟や洞穴などに住んでいるためスヴァルタールヴァヘイムに住む闇の妖精と同一視される。彼らは手先が非常に器用で、トールミョルニルオーディングングニルドラウプニルフェンリルを捕縛するグレイプニルなど神々の宝を造った。

スポンサーリンク

神話に関する参考書籍

  • 教養としてのキリスト教
  • ギリシア神話
  • ギリシア神話を知っていますか
  • ギリシャ神話 - 付・北欧神話 -
  • キリスト教ハンドブック
  • ケルトの神話 - 女神と英雄と妖精と
  • 神話の力
  • 図解 北欧神話
  • 「世界の神々」がよくわかる本
  • 世界の神話がわかる - 「民族の聖なる神と人の物語」を探究する! -
  • 「天使」と「悪魔」がよくわかる本
  • 天使の事典 - バビロニアから現代まで -
  • 北欧神話
  • 「北欧神話」がわかる オーディン、フェンリルからカレワラまで
  • 魔法と錬金術の百科事典
  • ロードス島攻防記
  • ローマ人の物語(1) ローマは一日にして成らず(上)
  • ローマ人の物語(2) ローマは一日にして成らず(下)
  • ワクワクするほど面白い世界の神話
このページのトップに戻る