ヘズ
Hodur

スポンサーリンク

名前は「戦」を意味する。

バルドルの不吉な夢に驚いたフリッグは、世界中のすべてのモノに、バルドルを傷つけないよう契約を交わす。神々が囲んで斬りつけたり、いろいろな物を投げつけたりしても、平気な顔をしているバルドルロキは気に入らず、老婆に化けてフリッグから「ヴァルハラの西の宿り木だけは、若すぎて約束をすることができなかった」と聞き出す。

ロキから宿り木を手渡され、「これを投げつけバルドルに傷がつかないのなら、彼の名声が上がる」とだまされたヘズはバルドルに向かって投げつけた結果、宿り木はバルドルの体を貫き殺してしまう。

ヘズは兄弟であるバルドル殺しの罪人とみなされ、神々から憎まれ、オーディンが巨人・リンドに産ませたヴァーリによって殺される。

ラグナロク後、バルドルと手を取り合い復活すると言われている。

スポンサーリンク

神話に関する参考書籍

  • 教養としてのキリスト教
  • ギリシア神話
  • ギリシア神話を知っていますか
  • ギリシャ神話 - 付・北欧神話 -
  • キリスト教ハンドブック
  • ケルトの神話 - 女神と英雄と妖精と
  • 神話の力
  • 図解 北欧神話
  • 「世界の神々」がよくわかる本
  • 世界の神話がわかる - 「民族の聖なる神と人の物語」を探究する! -
  • 「天使」と「悪魔」がよくわかる本
  • 天使の事典 - バビロニアから現代まで -
  • 北欧神話
  • 「北欧神話」がわかる オーディン、フェンリルからカレワラまで
  • 魔法と錬金術の百科事典
  • ロードス島攻防記
  • ローマ人の物語(1) ローマは一日にして成らず(上)
  • ローマ人の物語(2) ローマは一日にして成らず(下)
  • ワクワクするほど面白い世界の神話
このページのトップに戻る