ミーミル
Mimir

スポンサーリンク

名前は「考える人」を意味する。

オーディンの叔父。ヴァン神族アース神族間の戦争の和平の際、人質としてヴァン神族に送られたアース神の1人。

同じ人質として送られたヘーニルの態度に怒りを覚えたヴァン神族によって首を落とされたが、オーディンの魔術で首のまま生きながらえ、ユグドラシルの根元に湧く知恵の泉・ミーミルの泉を護っている。

ミーミルの泉はヨツンヘイムにあり、賢さと知恵が隠されていると言われている。名前の由来は泉の所有者がミーミルであったことから、ミーミルは角杯・ギャラルホルンで泉の水を飲み知識を満たしていたようである。オーディンがそれを飲もうと一口所望したため、その代償として片目を失ったという説話がある。

スポンサーリンク

神話に関する参考書籍

  • 教養としてのキリスト教
  • ギリシア神話
  • ギリシア神話を知っていますか
  • ギリシャ神話 - 付・北欧神話 -
  • キリスト教ハンドブック
  • ケルトの神話 - 女神と英雄と妖精と
  • 神話の力
  • 図解 北欧神話
  • 「世界の神々」がよくわかる本
  • 世界の神話がわかる - 「民族の聖なる神と人の物語」を探究する! -
  • 「天使」と「悪魔」がよくわかる本
  • 天使の事典 - バビロニアから現代まで -
  • 北欧神話
  • 「北欧神話」がわかる オーディン、フェンリルからカレワラまで
  • 魔法と錬金術の百科事典
  • ロードス島攻防記
  • ローマ人の物語(1) ローマは一日にして成らず(上)
  • ローマ人の物語(2) ローマは一日にして成らず(下)
  • ワクワクするほど面白い世界の神話
このページのトップに戻る