タバコとは?

スポンサーリンク

タバコとは、ナス科タバコ属の南米原産の一年草を乾燥させ喫煙用に加工したモノで16世紀に南米に暮らすアステカ族の習慣がヨーロッパに伝わり利用が始まったといわれています。

紀元前4000年から3000年頃に記述されたとされるギルガメッシュ叙事詩、モニュメント・ブルー(モニュマン・ブルー)などの文献に酒の製造方法が記されていることから、タバコは比較的新しい嗜好品です。

ジャン・ニコによってヨーロッパに伝わった頃は、様々な病気に効果がある「奇跡の薬草」として研究され、またカトリーヌ・ド・メディシスが偏頭痛の治療に利用したことから、貴族の間では流行しました。

現在では全世界に60種程度が確認され、ニコチンを多く含み商業価値が高いニコチアナ・タバカム(N. tabacum)、ニコチアナ・ルスチカ(N. rustica)の2種が栽培、利用されています。

最低喫煙年齢について

最低喫煙年齢
アメリカ 18歳~21歳(州により異なります)
イギリス 18歳
オーストラリア 18歳
カナダ 19歳
ドイツ 18歳
日本 20歳

現在、日本での最低喫煙年齢は20歳と未成年者喫煙禁止法で定められています。

しかし、海外では最低喫煙年齢が低く(※1)、また選挙権も18歳からとしている場合が多く、日本でも2000年頃から、選挙権や成人とする年齢を18歳に引き下げる民法改正が論議され、2006年には民主党、与党が一致し、実現に向けて動き出したといわれています。

※1 道州制を採用する国によっては、州により法律が異なります。

年齢引き下げにより飲酒、喫煙が18歳から可能になると考えますが未成年者喫煙禁止法、未成年者飲酒禁止法には満20歳未満の飲酒、喫煙を禁止すると年齢による制限が明記されているため民法改正後は、法律ごとの修正が予想されます。

喫煙率

2000年の交通事故死者数は9,066人に対して、2000年のたばこの喫煙によるタバコ関連死者数は交通事故死者数を上回る114,200人(男性90,000人、女性24,200人)とされています。

WHO(世界保健機関)の呼びかけにより喫煙場所の制限、たばこ税の引き上げ、禁煙外来の健康保険適応などの対策が実施された結果、男性の喫煙者は年々低下していますが、女性喫煙者は年々増加しています。

20歳代の女性の場合1989年に比べ、2004年では約6%増加しており、男女雇用機会均等法の改正などにより女性の社会進出が増加し、問題や、ストレスが増えたことも原因の1つと考えられています。

スポンサーリンク

このページのトップに戻る