コ・イ・ヌール
Koh-i-noor、Kohinoor

スポンサーリンク

インド南東部のアーンドラ・プラデーシュ州で発見されたと考えられているダイヤモンド。名前はペルシア語の「光の山」に由来します。発見後、インドの王族に所有されたと考えられていますが明確が記録はなく、15世紀後期にムガール帝国の初代国王のバーブルがチャガタイ・トルコ語で執筆した「バーブル・ナーマ(Babarnama)」に初めて登場します。

1739年にアフシャール朝ナーディル・シャーがムガール帝国のデリーを、占領しコ・イ・ヌールを戦利品としてペルシアに持ち帰りますが、1747年のナーディル・シャーがアフシャール族の側近によって暗殺されたため、ドゥッラーニー朝を創始したアフガニスタン国王のアフマド・シャー・アブダーリーの手に渡りました。

その後、コ・イ・ヌールはドゥッラーニー朝の第2代国王のティムール・シャーの息子のシュジャー・シャーの手に渡りました。1803年、シュジャー・シャーはアフガニスタン国王として即位しましたが、第4代国王のマフムード・シャーに廃位され、インドに亡命したものの捕まり、4年間投獄された後、自由を得るためランジート・シンにコ・イ・ヌールを手渡しました。

ランジート・シンはシク教徒とともにヒマチャル・プラデシュ州北部ラホール地方にシク王国を建国し、インド征服を狙うイギリス軍に抵抗運動続けていましたが、1839年、ランジート・シンの死後、後継者争いから内部分裂を起こし、また第一次シク戦争(イギリス軍とシク教徒による戦争)、第二次シク戦争によってシク王国は滅亡したため、1849年、インドはイギリスの統治下に置かれることとなりました。

1950年初頭、ランジート・シンの5番目の妻の間に生まれた13歳のデュリープ・ シン(Duleep Singh)は、ヴィクトリア女王にコ・イ・ヌールを献上するため、ロンドンを訪れました。

1851年、ロンドン万国博覧会の水晶宮で展示されましたが、輝きの少なさから不評であったため、ヴィクトリア女王の指示により、ブリリアント・カットが施された結果、186.1カラットから105.6カラット(21.6g)になり、現在はカリナンとともにロンドン塔で展示されています。

スポンサーリンク

天然石に関する参考書籍

  • voice style vol.3 パワーストーン・コンプリートファイル
  • 医師がすすめるパワーストーン - 病気を治し魂を癒す「石」の医力
  • 石の思い出
  • 癒しの宝石たち - パワー効果と活用法の事典
  • クリスタルバイブル
  • 決定版 パワーストーン大事典
  • 幸運を引き寄せるパワーストーン事典 - 運命にはたらきかける神秘の石
  • 鉱物図鑑 パワーストーン百科全書331 - 先達が語る鉱物にまつわる叡智
  • 琥珀 - 永遠のタイムカプセル
  • 幸せを招く「ビーズジュエリー」 - 天然石で作る82
  • 世界の天然石COLLECTION BOX
  • 楽しい鉱物図鑑
  • 楽しい鉱物図鑑2
  • 天然石のエンサイクロペディア
  • 天然石(ジェムストーン)がわかる本 - 天然石検定2級公式教科書
  • 天然石・ジュエリー事典 - 自分にピッタリの石が見つかる!
  • 天然石パワーストーン組み合わせバイブル - 154種の石の詳細データ&目的別に探せる188種の組み合わせガイド
  • 願いがかなう!パワーストーン組み合わせ事典
  • パワーストーン - 宝石の伝説と魔法の力
  • パワーストーンBOOK - 幸運と癒しをもたらす神秘の石
  • パワーストーン組み合わせBOOK - 2つの石の相乗効果があなたを幸せに導く
  • 宝石の力 - 幸運は形に宿る
  • 宝石の歴史
  • ロシアの秘宝「琥珀の間」伝説
このページのトップに戻る