WEBサイトを公開するために

スポンサーリンク

制作日: 2007/03/07
最新更新日: 2007/03/07

WEBサイトを公開するにはWEBサイトを公開するための領域(以下、WEBサイトスペース)が必要です。

一般的なプロバイダ会社であれば10MBから50MB程度の公開できるWEBサイトスペースがオプションとしてついている場合があります。また無料WEBサイトスペースなども多数存在しますが、無料であるために大きな広告バナーが表示される、プログラムが利用できないなどの制約が存在します。

独自ドメインが利用でき年間利用費用が5,000円、6,000円程度で済むロリポップなどの低価格WEBサイトスペースの利用もオススメします。

WEBサイトスペースの条件

プロバイダ契約時のオプションの1つとしてのWEBサイトスペース、Yahoo!ジオシティーズTOK2などの無料のWEBサイトスペース、ロリポップやアイルなどの有料のWEBサイトスペースに問わず利用する際にいくつかの禁止事項があります。

一般的な禁止事項
  1. データ保存領域のみとしての利用(無料のWEBサイトスペース)
  2. WEBサイトスペースの第三者への貸し出し
  3. 出会い系、ポルノコンテンツを含む場合
  4. サーバに著しく負荷のかかるようなプログラムの使用
  5. 動画、音声ファイルなどの大容量ファイルの公開、及び配信

ポルノコンテンツや、動画、音声ファイルなどの大容量ファイルの公開、及び配信の利用が規約違反ではないWEBサイトスペースも存在します。ご自身のWEBサイトの内容に合わせて利用前に必ずご確認ください。

スポンサーリンク

サイトの作り方に関する参考書籍

  • A Better Design Webページ リ・デザインブック
  • A Better Design Webページ リ・デザインブックII
  • WEB DESIGNERS FILE
  • ウェブ時代をゆく - いかに働き、いかに学ぶか
  • ウェブ進化論 本当の大変化はこれから始まる
  • グーグル - Google 既存のビジネスを破壊する
  • グーグル・アマゾン化する社会
  • 「買いたい!」のスイッチを押す方法 消費者の心と行動を読み解く
  • 色彩の世界地図
  • 仕事に役立つWebデザイン完全ガイド
  • たのしいロゴづくり - 文字の形からの着想と展開
  • ニホンゴロゴ - ひらがなカタカナ漢字による様々な業種のロゴ
  • ネットショップ起業 成功バイブル
  • フリー <無料>からお金を生みだす新戦略
このページのトップに戻る