検索結果を意識する

スポンサーリンク

制作日: 2007/07/04
最新更新日: 2007/07/04

検索サイトではgooGoogleYahooなどが有名ですが個人運営の検索サイト(注釈)も数多くあり、日本語で利用できる検索サイトだけでも数百程度あると予想できます。

機器の性能向上・廉価、光ブロードバンドなどの高速インターネットインフラが整い、常時接続が一般的となった現在では検索サイトは、必要なときに必要な情報を得るためのスタートページ(ホームページ)と利用されることが当然となりつつあります。このような背景からいかに検索サイトで上位に表示されるかが重要になりました。

リンクポピュラリティの向上のために

GoogleではPage Rankシステム(注釈)を採用しており、検索結果をより上位に表示させるためには検索エンジン対策(SEO)だけでなく、PageRankを引き上げることが重要になります。そのため、多くのWEBサイトから被リンク数(外部WEBサイトからのリンク数)を増やすために検索サイトなどへの登録が必須となります。

個人サイトでは1から3、代表的な企業サイトでは5から7、Yahooは8(2007年5月時点)、Google.comや東京大学は9(2007年5月時点)となっています。

Google ツールバーをインストールすることで誰にでもPageRankを閲覧することが可能です。PageRankはWEBサイトの一定の指標を示しているにすぎず、必ずしもPageRankの高いWEBサイトに良質のコンテンツがあるとは限りません。

数百ある検索サイトに登録するのは時間の浪費になるため、低価格で数百のWEBサイトに登録を行うサービスを提供している会社(以下、サービス提供会社)があります。

しかしサービス提供会社によっては専用プログラムなどによる一括登録作業を行いますが、多くの検索サイトでは専用プログラムによる登録に禁止措置を講じているため最悪の場合、WEBサイトそのものが検索されないような措置をとる場合も考えられます。

一度検索用データベースから除外されたWEBサイトの解除は難しくサービス提供会社には作業料金を支払う上に、URLを変更するなどの対策が発生するためオススメできません。1つずつ手作業で行うのでサービス提供会社あればリスクは低くなりますが作業完了後、登録内容を報告するサービス提供会社が望ましいでしょう。

注意点

検索サイトでは検索エンジンスパム対策としてアルゴリズムを定期的に変更を加えているため、将来的にこれらの行為が違法と見なされる可能性も含まれています。

注釈

  1. Yomi-Searchなどの高性能ディレクトリ型検索エンジンプログラムがフリーウェアとして公開されているため、プログラムが分からないユーザでも簡単に検索サイトを作ることが可能です。
  2. Page RankとはGoogle創設者ラリー・ページとセルゲイ・ブリンが開発した「多くの良質のWEBサイトからリンクされているWEBサイトは良質」の概念から成り立っています。

スポンサーリンク

サイトの作り方に関する参考書籍

  • A Better Design Webページ リ・デザインブック
  • A Better Design Webページ リ・デザインブックII
  • WEB DESIGNERS FILE
  • ウェブ時代をゆく - いかに働き、いかに学ぶか
  • ウェブ進化論 本当の大変化はこれから始まる
  • グーグル - Google 既存のビジネスを破壊する
  • グーグル・アマゾン化する社会
  • 「買いたい!」のスイッチを押す方法 消費者の心と行動を読み解く
  • 色彩の世界地図
  • 仕事に役立つWebデザイン完全ガイド
  • たのしいロゴづくり - 文字の形からの着想と展開
  • ニホンゴロゴ - ひらがなカタカナ漢字による様々な業種のロゴ
  • ネットショップ起業 成功バイブル
  • フリー <無料>からお金を生みだす新戦略
このページのトップに戻る