サイトの作り方

パーソナライズドサービス

2007/06/03
2022/04/08

パーソナライズド(personalized)とは英語で「個別」を意味し、ユーザの趣味や好みなどの行動に合わせたコンテンツを提供するサービスとして利用されるようになりました。Amazonや楽天(My Rakuten)などのオンラインショッピングサイト、Yahoo(My Yahoo)、Google(iGoogle)などのポータルサイトなどで実施されています。

興味のあるニュースや商品などの情報を優先的に表示するように変更できるため、インターネットに点在する大量の情報の中から自分に興味がある情報を効率よく収集することができ時間の短縮などにつながります。mixiなどのSNSは興味のあるコミュニティへの参加、気の合う知り合い(マイミクシィ)との交流できるなど、パーソナライズドサイトとしてのサービスを提供しています。

パーソナライズド検索

パーソナライズド検索とはユーザの生活している地域などの最低限の情報に加え、ユーザのよく見るWEBサイト、検索履歴などの情報をデータベースに蓄積するなど管理、学習しユーザの好みに合わせて検索結果を表示するサービスです。現在、GoogleがGoogleアカウントを持っているユーザに限りサービスを提供しています。

「JR」とすると検索すれば関東在住者なら「JR東日本」、またバスのWEBサイトを頻繁に閲覧していれば「JRバス関東」を上位に表示することが技術上可能になります。

現段階ではアカウントを所持しているユーザにのみ提供されていますが、今後これらの技術が検索システムに導入されれば、現状のSEOでは情報提供者の意図通りの検索結果を表示することができないと予想されます。

パーソナライズドサービスは便利な反面、インターネット特有の玉石混交する情報の中から自分にとって有益な情報を探すことがなくなり、結果として自分に不都合な情報や意見に触れなくなることで意見の一極化などの問題も懸念されています。

サイトの作り方の参考書籍