サイトの作り方

印刷の歴史

2008/09/14
2022/04/08

人類と印刷の歴史は古く紀元前4000年頃、バビロニアでは押圧印刷(瓦書)が用いられていたと考えられています。

大量印刷技術が開発される以前は書籍は庶民には手が届かない高価なものであり、1冊1冊写本することでのみ複製していたため大量生産できず、写し間違いなどが発生するなど問題がありました。

13世紀頃、中国で開発された印刷技術がシルクロードからヨーロッパに伝わり現在のドイツでグーテンベルク、シェッファー、フストによって活版印刷術が発明されました。

しかし、グーテンベルクが印刷したグーテンベルク聖書は初の印刷技術によって誕生したとはいえ、現在の文庫本のように気軽に持ち歩ける大きさではありませんでした。

活版印刷技術を確立してから約30年後、商業印刷の父とも呼ばれるヴェネツィアのアルドゥス・マヌティウスは書籍を持ち運ぶことができる大きさに軽量化することに成功しました。

活版印刷技術は書籍の価格を下げ庶民にも楽しむことができる娯楽へと変えました。現在でも印刷技術、火薬、羅針盤はルネッサンス3大発明とされています。

今日では様々なデザイン、使用される環境、印刷する対象物などの条件に合わせていくつかの印刷手法開発され、またコンピュータなどの最新技術を合わせることで今まで不可能とされていた箇所への印刷など用途は多種多様になっています。

サイトの作り方の参考書籍