神話

コルヌコピア

名前は「豊穣の角」を意味する。

ゼウスがアマルティアの折れた角に、世界の西の果てにあるヘスペリデスの園で育つ黄金の花や果実を満たしたことから、食べると元通りになるコルヌコピアに変化した。

また別の説ではゼウスがアマルティアの角を折り、持ち主の望みをかなえる力を与えたとされる。

  • ゲーム制作者のための北欧神話事典
  • 無職転生 〜ロキシーだって本気です〜 3
  • 1回記録用 CD-R 700MB 50枚

神話の参考書籍