神話

イドゥン

古代北欧において崇拝されていた女神ではなく、比較的新しい時代に付け加えられた。フレイヤと同様に豊穣神としての性格を多く持つことからヴァン神族とも考えられる。

北欧神話で登場する神々の若さの源である「イドゥンのリンゴ」を持っている女神。神々が「ちょっと老けたなぁ…」と思ったら彼女にもらってそれを食べる、といういかにも神話的なお話に必要不可欠な存在。

一時期、彼女が巨人にさらわれ、神々が老けていったアクシデントがあったが、ロキによって救出される。

不死のリンゴについての詳しい描写はないが、トネリコの箱に保管しているという。

神話の参考書籍