神話

エーリューズニル

冥府・ヘルヘイムを治めるヘルの館。

垣根と門が非常に高く、入り口の敷居には「落下の危険」を意味するファランダ・フォラズ、ベッドは「病床」を意味するケル、ベッドルームにはのカーテンは「輝く災い」を意味するブリーキンダ・ベル、食器は「空腹」を意味するフング、「飢え」を意味するスルトというナイフなど、縁起の悪いモノが置かれている。

神話の参考書籍