神話

フリングホルニ

名前は「輪のような」を意味する。

バルドルが所有していた世界最大の船。

バルドルが亡くなった際に、神々がフリングホルで執り行う船葬(遺体を船に乗せて焼く)は、当時のヴァイキングなどの間では一般的な葬儀方法であったと考えられている。

神話の参考書籍