神話

ミストカーフ

モックルカールヴィ(Mokkuralfi)とも呼ばれる。

トールがフルングニルと闘うときに他の巨人たちがトールを脅かすために作った人形。全長は9リーグ(約90000m)ほどもあるが、それに見合う心臓が見つからず近くにいた雌馬の心臓で代用したため、性格は臆病で動きもノロノロしていたため足が弱点となる。

フルングニルが敗れ、トールの従者・スィアールヴィが斧でミストカーフの足を斬った。

  • THE THIRD SUMMER OF LOVE
  • 4WD 四輪駆動RCカー
  • ドラゴンボール超 11

神話の参考書籍