神話

ドラウプニル

名前は「滴」、「雫」を意味する。

ドヴェルグのブロックがオーディンに献上した黄金製の指輪。その指輪からは、9日目の夜毎に8個の同じ重さの腕輪が滴り落ちる。

古代、北欧の王はすべて、自分の戦士たちに腕輪を与える風習があったことから、神々の王・オーディンが持つ「増える輪」は「増える腕輪」という解釈された可能性がある。

神話の参考書籍