神話

ミーミル

名前は「考える人」を意味する。

オーディンの叔父。ヴァン神族アース神族間の戦争の和平の際、人質としてヴァン神族に送られたアース神の1人。

同じ人質として送られたヘーニルの態度に怒りを覚えたヴァン神族によって首を落とされたが、オーディンの魔術で首のまま生きながらえ、ユグドラシルの根元に湧く知恵の泉・ミーミルの泉を護っている。

ミーミルの泉はヨツンヘイムにあり、賢さと知恵が隠されていると言われている。名前の由来は泉の所有者がミーミルであったことから、ミーミルは角杯・ギャラルホルンで泉の水を飲み知識を満たしていたようである。オーディンがそれを飲もうと一口所望したため、その代償として片目を失ったという説話がある。

神話の参考書籍