神話

エイクシュルニル

名前は「樫のとげ枝を持つ者」を意味する。

ユグドラシルの木の枝をかじっている牡鹿。エイクシュルニルの角から滴がフウェルゲルミルの泉へこぼれ落ち、河川へと流れている。

神話の参考書籍