神話

ミョルニル

名前は「砕く」を意味する。

雷神・トールの持つ鎚。巨大な武器だが、使用時以外はポケットサイズ程の大きさになる。飛道具としても使え、投げれば目標に必ず命中し手元に戻ってくる。また、トールは鉄の手袋を持っており、ミョルニルを握り損なったり、落としたりすることはない。

ロキシヴの髪とともに持ち帰った宝物を自慢した際、鍛冶の名人・シンドリとブロックが口論になり、シヴの髪の宝物を作ることになりミョルニルが誕生した。

しかし、製作課程でロキが邪魔をしたため、またシンドリ、ブロックが火加減を間違えたために柄の長さがやや短い。

神話の参考書籍