神話

ピーテル・ブリューゲル

1525~1569年。フランドル地方の出身で、アルブレヒト・デューラーやロッソ・フィオレンティーノとともに北方ルネサンスを代表する画家の1人。

農民社会をテーマにした作品を多く描いたことから、農家の出身と考えられていたが、近年の調査で都市で育った教養人であったと考えられている。1550年頃から数年間イタリアを旅している。数多くの風景画を残している。

神話の参考書籍