神話

ティタノマキア

クロノスを指導者とするティタン神族とクロノスの息子・ゼウスを指導者とする神々との10年に及ぶ戦い。

長期に渡って膠着状態が続いたが、タルタロスに閉じ込められているキュクロプスヘカトンケイルを解放して味方とするようにガイアが助言をしたことでオリュンポス側の勝利に終わる。

戦いに負けたティタン神族の1人だったアトラスは世界の果てで未来永劫に天空を担ぐ罪を受け、その他のティタン神族はタルタロスに閉じ込められた。

神話の参考書籍