神話

スコル

名前は古ノルド語で「あざける者」を意味する。

フェンリルと巨人の子供。太陽を食べようと常に太陽を追いかけている。ラグナロクの際にスコルは太陽を飲み込んでしまうが、太陽が飲み込まれる直前に娘(現在の太陽)を産み落とし、世界が闇に包まれることはなかった。

神話の参考書籍