神話

チュール

最初はゲルマン民族からオーディンに先駆けて戦いの神として崇められていたが、オーディンの登場によって彼の息子ということになりアース神族となるが、オーディンとは別に戦争の勝敗を決めることもある。非常に賢く、神々の中では一番勇敢で、フェンリル捕縛の際、噛みちぎられるのを覚悟で片腕を自ら差し出した。

ラグナロクでガルムを倒すが、戦いによってできた傷が原因となり命を落とす。

火曜日(Tuesday)はチュールの名前に由来する。

神話の参考書籍