神話

テュール

当初は、ゲルマン民族からオーディンに先駆けて戦いの神として崇められていたが、オーディンの登場によって彼の息子になり、アース神族となるが、オーディンとは別に戦争の勝敗を決めることもある。

非常に賢く、神々の中では一番勇敢で、フェンリル捕縛の際、噛みちぎられるのを覚悟で片腕を自ら差し出した。チュールと記載される場合もある。

ラグナロクでガルムを倒すが、戦いによってできた傷が原因となり命を落とす。

火曜日(Tuesday)はテュールの名前に由来する。

  • 【2箱(6袋)セット】弦楽器用除湿剤
  • ゲーム制作者のための北欧神話事典
  • Anker PowerCore Slim 10000 PD(モバイルバッテリー 10000mAh USB PD対応 大容量)

神話の参考書籍