天然石

ビビアナイト

日本語名 藍鉄鉱
原産地 イギリス、イタリア、ウクライナ、オーストラリア、カナダ、カメルーン、ポーランド、ボリビア、南アフリカ、モロッコ
モース硬度 1.5~2.0
効果
  • 洞察力、判断力の向上
  • 自己の成長を促す

名前は、イギリスのコーンウォールで発見した鉱物学者のジョン・ヘンリー・ビビアン(John.Henry.Vivian)に由来し、1817年にドイツ人地質学者のアブラハム・ゴットロープ・ウェルナー(Abraham.Gottlob.Werner)によって命名されました。ビビアンナイトとも呼ばれます。

採掘直後はガラス質を持ち、無色透明ですが、空気や光に触れることで鉱石内に含まれる鉄が酸化による化学変化を起こし青色、青緑色に変化しするため、採掘直後の状態で鑑賞を楽しみたい場合は、密閉された状態で保管する必要があります。

火山灰、堆積岩、砂などが圧力によって生成されるため、モース硬度が低く、装飾品などへの加工には適しませんが、原石やルース(裸石)として、鉱石収集家などに人気があります。

効果

洞察力、判断力を向上させ、精神的成長を促し、自己を客観的に見つめ本質を見抜く効果があるとされています。

天然石の参考書籍