神話

アンティオペ

軍神・アレスとオトレレの娘。女性だけの部族・アマゾン族の女王・ヒッポリュテの妹で、テセウスの妻。

ヘラクレスが12の功業の1つとして、ヒッポリュテが持つ腰帯を手に入れるため、テセウスと攻撃を仕掛けたが、ヘラクレスや、テセウスの強靭な肉体を見て、アマゾン族との間に丈夫な子供を作ることを条件に、腰帯を渡すことを承諾した。

しかし、アマゾンの1人に変装したヘラが、アマゾン族を煽り、ヘラクレスたちに攻撃させたため、ヘラクレスはヒッポリュテを殴り殺し、テセウスはヒッポリュテを誘拐し、妻にした。

後に、テセウスとヒッポリュテ間には、ヒッポリュトスが生まれる。

神話の参考書籍