神話

ヒッポリュテ

軍神・アレスとオトレレの娘でアマゾン族の女王。アンティオペの姉。

ヘラクレスが12の功業の9番目として、ヒッポリュテが持つ腰帯を手に入れるためポントスのテミスキュラを訪れた際に、ヘラクレスの強靭な肉体を見たヒッポリュテは、アマゾン族との間に丈夫な子供を作ることを条件に、腰帯を渡すことを承諾する。

しかし、ヘラがアマゾン族の1人に変装して、ヘラクレスが女王を誘拐しようとしていると言いふらしたため、アマゾン族たちにヘラクレスを攻撃し、ヘラクレスはヒッポリュテを殴り殺したとされる。

また別の説では、テセウスはヒッポリュテを誘拐して妻にしたとされるが、これはヒッポリュテではなく、アンティオペとも考えられている。

後に、テセウスとヒッポリュテとの間には、ヒッポリュトスが生まれる。

  • 国家資格キャリアコンサルタントの基礎理論
  • エスニック柄フラッグガーランド
  • ことばとおんがく

神話の参考書籍