神話

アリアドネ

当時アテナイではクレタとの戦争に敗れた賠償として9年ごとに7人の少年と7人の少女を生贄を供出していた。

ミノタウロスを退治するため、生贄として加わっていたテセウスと恋に落ち、妻になることを条件に協力を申し出る。

脱出不可能といわれていた巨大迷宮・ラビュリントスの脱出方法を設計者であるダイダロスから話を聞き、魔法の剣と麻糸を手渡されたテセウスミノタウロスを倒すことに成功する。

その後、脱出方法を教えたダイダロスミノスの怒りを買い、イカロスとともにラビュリントスに幽閉されてしまう。

ミノタウロスを倒した後、テセウスとともにアテナイに出発が、途中ネクソス島で2人は離れ離れになってしまう。別れた理由にはいくつかの説があり、アリアドネが眠っている間にテセウスが彼女を置き去りに島を去ってしまう。また、別の説では船酔いで苦しむアリアドネの休息を取っている間にテセウスの乗った船が流され別れたためとされている。

その後アリアドネはデュオニソスと結婚し、デュオニソスとの間に後のキオス島の王となるオイノピオンを生んだ。彼女の死後デュオニソスから贈られた冠は「冠座」として天に上げられた。

神話の参考書籍