神話

アザゼル

名前はヘブライ語で「神の強者」を意味する。

グリゴリたちの統率者の1人とされる。彼はユダヤ教の「贖罪の日」に生贄となる山羊を受け取る悪魔として知られている。ユダヤの伝承では、蛇に乗る者としてイメージされ、7つの蛇頭と14の顔、12枚の翼を持っている。

「エノクの書」によると、剣、楯などの戦争のための武器の製造法を人々に教え、また、男を誘惑するための化粧法を女たちに教えたとされる。

彼は神の軍勢に捕縛されたのち、オリオン座に送られ、逆さ吊りの刑に処せられた。タロットカードの「吊られる男」の起源ともいわれる。別の説では、荒野の穴に投げ込まれ天に昇れなくなり、荒野に住むとされている。

元は智天使だったと考えられ、中世の悪魔学では風を操る魔神ともいわれている。イスラム社会ではアザゼルとはジンの長・イブリースの別名だとされる。

神話の参考書籍