花・植物

ニセアカシア

漢字表記 針槐
学名 Robinia pseudoacacia L.
花言葉 慕情
誕生花 5月11日
開花時期 5月~6月

マメ科ハリエンジュ属の北アメリカ原産の落葉高木。枝葉がエンジュ(槐)に似ることからハリエンジュ(針槐)と呼ばれることもあります。俳句では夏の季語とされています。

日本には明治時代に持ち込まれ、輸入された直後はアカシアと呼ばれていましたが、のちに輸入されるネムノキ科のアカシアと区別するためニセアカシアと名前を変更されましたため、現在でも混同されています。

根粒バクテリアが窒素を固定し、土壌を豊かにすることから、都市などの緑化、砂防などに利用されます。ただ、ニセアカシアは外来種であり、またニセアカシアに含まれる化学物質によるアレロパシー活性によって根元付近の植物が枯れることが確認されているため、今後の対策が検討されています。

花からは上質なハチミツが採取でき、花もを天ぷらなど食用として利用されます。新芽も食用として利用できるとされていますが、新芽、樹皮、葉には毒が含まれ、口にした場合、下痢、吐き気などの症状を起こすとされ注意が必要です。

花・植物の参考書籍