神話

ヴァーリ

名前は「小さな戦士」を意味する。

ヘズによるバルドル殺害は、悪意のない過失ではあったが、オーディンは肉親であるバルドルの死に対する復讐のため、血族ではあるが血族とみなされない幼い子供が適任であったため、オーディンは女神・リンドとの間にヴァーリをもうけた。

生まれて一夜でヘズを殺し、火葬にした。薪の上にヘズの亡骸を乗せるまで手を洗わず、髪の毛をクシでとかせなかった。

成長したヴァーリは勇敢で大胆な戦士となり、強運を持っていたために、その手から放たれる矢が外れることはなかった。

  • 国家資格キャリアコンサルタントの基礎理論
  • ポエミチ 撮影背景シート10柄セット
  • エスニック柄フラッグガーランド

神話の参考書籍