神話

ヘーニル

名前は「番人」、「射手」を意味する。

ヴァン神族アース神族間の戦争の平和調停の際、ミーミルとともにヴァン神族に人質として差し出されたアース神。最初ヴァン神族に賢い指導者として期待されていた。しかしミーミルがいないとなにも決められない優柔不断さを見て、無能をつかまされたと思ったヴァン神族は、ミーミルの首を切り落としそれをヘーニルに持たせてアース神族に送り返す。

神々が海岸で拾ったトネリコとニレの流木から人間の男女を創り上げたとき、人間に心を与えが、この物語以外には登場しない。

彼は、「巫女の予言」にはオーディンの兄弟の1人として登場している。それには最後の1人としてローズルなる神の名があげられている。またオーディンとヘーニル、そしてロキがともに行動する場面のある神話がいくつか存在するが、このローズルという神をロキと同一視すれば、「巫女の予言」もその1つと考えることができる。

神話の参考書籍