神話

メデューサ

元々は美しい娘であったがアテナによって醜い姿に変えられたとされ、2人の姉と一緒に人里はなれた僻地で生活をしていた。ヘシオドスの「神統記」によるとゴルゴン3姉妹とはステンノ、エウリュアレ、メデューサとされ3人の中でメデューサのみが不死身ではない。

メデューサは髪の毛1本1本が蛇になっており、イノシシの牙を持ち、背中に黄金の翼を持つ。メデューサを見たものはその恐怖から石になるという。

ペルセウスのメデューサ退治にはアテナから借りた磨き上げた青銅の盾に映るメデューサを確認しながらガイアが造りクロノスがウラノスを倒した大鎌でその首を切り落とした。

あふれ出る血から天馬・ペガソスが誕生した。

神話の参考書籍