神話

ユミル

ムスペルヘイムから吹き込む熱風と、ニブルヘイムからの霜がぶつかりできた霧氷から生まれた巨人。

アウズフムラの舐めた塩から生まれたブリの息子・ボルと巨人族の娘・ベストラとの間に生まれた、オーディン、ヴィリ、ヴェーの手によって殺される。

3人の神々はユミルの巨大な肉体をギンヌンガガップに運び、肉から大地を、血から海を、頭蓋骨から天を創り、まつげで城壁を築き、脳みそは雲となった。

神話の参考書籍