神話

アスクレピオス

アルゴナウタイの1人で蛇を召使いとする。

ある日、白いカラスからコロニスの浮気の報告を受けたアポロンは激怒し、弓矢で撃ち殺してしまうが、コロニスの死に哀れみを感じ火葬にされる直前、コロニスの体内から自分の子供を助け出しケイロンに預ける。

ケイロンの弟子の中でも特に優秀だったアスクレピオスは、ケイロンから医術を学び、やがてケイロンを凌ぐようになり多くの病人を助け、すでに死んでいたテセウスの息子・ヒッポリュトスを生き返らせたと言われている。

死者を生き返らすことに怒った冥界の王・ハデスはゼウスに抗議し、ゼウスは雷霆でアスクレピオスを撃ち殺すが、息子のアスクレピオスを殺されたことにアポロンがゼウスに抗議をしたため、死後へびつかい座として天界に上がり神の1人となった。

ペロポネソス半島にあるエピダウロスではアスクレピオスを崇拝する神殿が建設され、どうすれば病気が癒えるか教えがあるとして信仰された。

  • 新型コロナとワクチン 知らないと不都合な真実
  • DesertFox アウトドアテーブル キャンプ テーブル(94*55*50XH)
  • デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション(8)

神話の参考書籍