神話

ヘズ

名前は「戦」を意味する。

バルドルの不吉な夢に驚いたフリッグは、世界中のすべてのモノに、バルドルを傷つけないよう契約を交わす。神々が囲んで斬りつけたり、いろいろな物を投げつけたりしても、平気な顔をしているバルドルロキは気に入らず、老婆に化けてフリッグから「ヴァルハラの西の宿り木だけは、若すぎて約束をすることができなかった」と聞き出す。

ロキから宿り木を手渡され、「これを投げつけバルドルに傷がつかないのなら、彼の名声が上がる」とだまされたヘズはバルドルに向かって投げつけた結果、宿り木はバルドルの体を貫き殺してしまう。

ヘズは兄弟であるバルドル殺しの罪人とみなされ、神々から憎まれ、オーディンが巨人・リンドに産ませたヴァーリによって殺される。

ラグナロク後、バルドルと手を取り合い復活すると言われている。

神話の参考書籍