神話

オディロン・ルドン

1840~1916年。フランスのボルドー出身。フランス象徴主義の代表的画家の1人。

母親がオディロンの兄エルネストを偏愛するのが原因で、生後すぐペイルルバードに母親の親族の家に里子として出される。病気がちでもあったため、孤独な少年時代を過ごす。

両親の勧めで建築家の道を目指すがパリ官立美術学校建築家の受験に失敗した後、ボルドーに戻ったオディロンは銅版画家・ルドルフ・ブレダンに出会いルドルフ指導の下、銅版画の制作を始める。

40歳を超えるまでモノクロの作品を創り続けていたオディロンだが、1880年にカミーユ・ファルトと結婚、1889年に次男・アリの誕生などを境に作品はだんだん色彩を持ったものに変化をしていく。

神話の参考書籍