神話

ディース

名前は「女神」を意味する。

元々は祖母たちの霊だが、ノルンたちの侍女の妖精となるその中で人間たちに助言や警告を与える役目も担っているが、ヴァルキューレオーディンの指令によってミドガルズに行く際、白鳥の姿で飛び立つが、すぐには戦場に行かずに湖などで休憩を取る際に、偶然人間が見つかり助言を与えるケースによく似ている。

また、まだ生まれていない胎児の母親を見つけ、安産へ導く役目をも担っており、妊婦からは非常に身近な存在とされる。

妖精、ミンギィ族、ギプティ族などいろいろな種族がいる。

神話の参考書籍