花・植物

ハハコグサ

漢字表記 母子草
学名 Gnaphalium affine
花言葉 いつも思う、温かい気持ち、いつも想っています
誕生花 1月8日、3月1日
開花時期 4月~6月

キク科ハハコグサ属の日本、朝鮮半島、東南アジア原産の一年草。名前の由来にはいつくかの説が存在しますが、葉茎に細かい繊毛に覆われていることから、ホウコグサと呼ばれるようになり、転訛し、ハハコグサ(母子草)と呼ばれるようになったと言われています。俳句では春の季語とされています。

草丈は10cmから30cm程度まで成長し、葉と茎に白い繊毛が密生し、4月から6月にかけて黄色の小さな花を密生して咲かせます。近種のアキノハハコグサ(秋の母子草)は9月から11月に花を咲かせ、ハハコグサに比べ花茎の中ほどから枝分かれしており、環境省が作成する植物レッドデータブックに掲載され、絶滅危惧類に分類されています。

ゴギョウ(御形)として、春の七草の1つに数えられ、食用として利用され、また開花期に全草を採取し、天日で乾燥させたものをソキクソウ(鼠麹草)と呼び、鎮咳作用があり、風邪、気管支炎、扁桃炎などの漢方薬として利用されます。

花・植物の参考書籍