天然石

デマントイド

日本語名 灰鉄柘榴石
原産地 アフガニスタン、アルゼンチン、イタリア、イラン、カナダ、中国、ドイツ、ナミビア、マダガスカル、ロシア
モース硬度 6.5~7.0

名前は、ブリリアン・カットを施されたダイヤモンドの屈折率は宝石の中では最も高い「2.419」ですが、ガーネット、デマントイドの屈折率は「1.70~1.89」と、ダイヤモンドに次ぐ屈折率を持つことから、古代ドイツ語でダイヤモンドを意味する「ディマント(Demant)」に由来します。

ウラリアンエメラルド、デマントイド・ガーネットなどととも呼ばれます。

1853年にロシアのウラル山脈で発見され、1864年にカルシウム、鉄を主成分とするアンドラダイトの1種で、クロムを内包することで緑色に輝くと確認され、1878年にデマントイドと命名されました。

また、緑色に輝くウバロバイト(Uvarovite)、褐色、赤色、オレンジ色、緑色に輝くグロッシュラー(Grossular)、黄色から緑色に輝くアンドラダイト(Andradite)の3種は、それぞれの頭文字を取り、ウグランダイト(Ugrandite)系列として分類されています。

深い緑色に輝くため、発見当初はエメラルド、またはペリドットの1種と考えられていました。

1905年に「血の日曜日事件」を端に始まった、ロシア革命によって採掘が行われなくなったため、市場を流通することはありませんでしたが、1991年より採掘が再開され、また、その後、ナミビア、マダガスカルなどでも鉱床が発見され、現在では安定的に市場に流通しています。

  • COOLBOTANG LEDイルミネーションライト 5m 40球
  • 追憶
  • ドラゴンボール超 17

天然石の参考書籍