花・植物

スイカズラ

漢字表記 吸葛
学名 Lonicera japonica
花言葉 愛の絆、献身的な愛、友愛
誕生花 4月27日
開花時期 5月~7月

スイカズラ科スイカズラ属のツル植物で日本原産。漢字では「吸葛」と書き、花の付け根部分に溜まっている甘い蜜を吸い出す行為に由来します。日本では冬でも葉を落とさないことからニンドウ(忍冬)と呼ばれることもあります。俳句では夏の季語とされています。

白い花が黄色に変化するためキンギンカ(金銀花)とも呼ばれ、縁起が良い花として人気があり、花蕾を乾燥させたものはのどの炎症、風邪の予防に効果があるとされています。北アメリカ原産のスイカズラ科ツキヌキニンドウは赤い花を咲かせ、日本原産のスイカズラと同じように開花後、花の色が変化します。

アメリカやヨーロッパでも野生化していますが、日本の森林と異なりスイカズラの天敵となるツル植物が少なく有害植物とされています。

花・植物の参考書籍