花・植物

タバコ

漢字表記 煙草、佗波古、多葉粉
学名 Nicotiana tabacum L.
花言葉 ふれあい
誕生花 8月9日
開花時期 6月中旬~11月

ナス科タバコ属の多年草。タバコの原産地は長い期間、不明とされていました。20世紀に入り、アメリカ人植物学者のトーマス・ハーパー・グッドスピードがタバコ属の遺伝子の調査を行った結果、ボリビア、アルゼンチンの最北部の高度1500メートル程度に自生していた2種類の野生種の交配によって誕生したと考えられています。

タバコは、15世紀頃に新大陸を求めてアメリカ大陸を訪れた、冒険家、学者、研究家によって、カボチャ、ジャガイモ、トウモロコシ、トウガラシ、トマトなど一緒にヨーロッパに持ち込まれた植物のうちの1つで、持ち込まれた当初は嗜好品ではなく痛みを緩和する薬草の一種と考えられ、タバコの語源は、古代アラビア語で「薬草」を意味する「Tabaq」を語源とするスペイン語の「Tabaco」と考えられています。

また、ニコチンの語源は、フランスにタバコをもたらしたジャン・ニコから命名され、スウェーデン人植物学者のカール・フォン・リンネによって、ナス科タバコ属の名称を「Nicotiana」と分類されました。

日本では、1898年(明治31年)に税収の増大を図るため「葉煙草専売法」を施行し専売制が導入されたため、一般人によるタバコの栽培は違法となりましたが、1985年(昭和60年)に「葉煙草専売法」が廃止されたため、一般人によるタバコの栽培自体は合法となりました。ただし、栽培したタバコから喫煙用の葉タバコの製造、販売は違法です。

花の観賞を目的とした栽培の場合、園芸店などで「花たばこ」とも呼ばれるポリネシア、オーストラリアなどの亜熱帯地方を原産とするニコチアナと呼ばれる品種が販売されており、夏から秋にかけて、白色、赤色、ピンク色、紅紫色などの星型の花を咲かせますが、他のナス科の植物と同じように、同じ土壌で繰り返し植えると連作障害を起こすため注意が必要です。

花・植物の参考書籍