天然石

スカポライト

日本語名 柱石
原産地 アメリカ、イタリア、カナダ、スリランカ、ノルウェー、ブラジル、マダガスカル、モザンビーク
モース硬度 5.0~6.0
効果
  • 目標に向かう正しい道を示し前進させる
  • 正しい解決策を導く

カルシウム、ナトリウム、アルミニウムを含むテクト珪酸塩鉱物の1種で、名前は柱状の結晶構造をしていることから、ギリシア語の「棒(Skapos)の石(Lithos)」に由来します。ドイツ人地質学者のアブラハム・ゴットロープ・ウェルナー(Abraham.Gottlob.Werner)の名誉を称え、ヴェルネライト(Wernerite)とも呼ばれます。

英語名は1800年に、1822年にペドロ1世がブラジルの独立宣言を行うために行動した政治家であり、博物学者のジョゼ・ボニファシオ・デ・アンドラーダ・エ・シルヴァ(Jose.Bonifacio.de.Andrada.e.Silva)によって、初めて論文(Journal de physique Fructidor an VIII)に記されたとされています。

カルシウムとナトリウムの連続固溶体で、カルシウムを主成分とするスカポライトをメイオナイト(灰柱石)、ナトリウムを主成分とするスカポライトをマリアライト(曹柱石)と呼び、ともに希少とされています。フローライトと同じように、ガンマ線や紫外線の照射によって発光します。

スカポライトの効果

環境や、周囲の意見に流されないように持ち主を保護し、正しい解決策、進むべき道を示す力があるとされています。また、自己の成長を助け、精神的な自立を促す効果があるとされています。

  • コピー用紙 2500枚(500枚×5冊)
  • ゲーム制作者のための北欧神話事典
  • Anker PowerCore Slim 10000 PD(モバイルバッテリー 10000mAh USB PD対応 大容量)

天然石の参考書籍