天然石

ブラジリアナイト

日本語名 ブラジル石
原産地 ブラジル
モース硬度 5.5
効果
  • 体調を整える
  • 穏やかな心をもたらす

1945年にブラジルのミナスジェライス州で発見されました。発見当初はクリソベリルと考えられていましたが、アメリカ自然史博物館のフレドリック・ハーヴェイ・ポー(Frederick.Harvey.Pough)によって、リン酸塩系の鉱物と確認され、フレドリック・ハーヴェイ・ポー、エドワード・ポーター・ヘンダーソン(Edward.Porter.Henderson)によって、産出国のブラジルからブラジリアナイトと命名されました。

アパタイトと同じリン酸塩鉱物の1種でモース硬度が低くいため、傷がつきやすく、装飾品への加工が難しく、また、現在、ブラジリアナイトは2ヶ所の鉱山からしか採掘できないため、希少とされています。

1967年にタンザニアで発見されたタンザナイト、1952年にスリランカで発見されたシンハライトなどとともに、「20世紀に発見されたの三大宝石」の1つとされています。

効果

ストレスを取り除き、心身のバランスを整える効果があるといわれています。また、持ち主の心の迷いを取り除く、物事を良い方向へ導く力を与えるともいわれています。

天然石の参考書籍