天然石

ツァボライト

日本語名 灰礬柘榴石
原産地 アメリカ、コンゴ、チベット、中国、モンゴル
モース硬度 6.5~7.0
効果
  • 勝利、仕事を成功に導く
  • 精神的な成長を促す

名前は、ケニアにあるツァボ国立公園(Tsavo National Park)で発見されたことに由来します。

ガーネットグループに属するグロシュラーで、1967年にスコットランド人宝石学者のキャンベル・R・ブリッジ(Campbell.R.Bridges)によって発見され、ティファニー社の当時の社長だったヘンリー・B・プラット・ティファニーによって、ツァボライトと命名されました。

グリーン・グロッシュラー・ガーネットとも呼ばれますが、ティファニーのプロモーション活動によって、ツァボライトの知名度が浸透し、現在では緑色のガーネット、緑色のグロシュラーが、ツァボライトと呼ばれることもあります。

発見者のキャンベル・R・ブリッジは2009年8月11日に、ケニアのギャングに襲撃され命を落としました。

鉱石に含有するバナジウム、クロムによって、深い緑色に輝きます。ガーネットと同じように、「1.70」を超える高い屈折率を誇ります。2006年末には、925カラット(185g)の原石が発見され、オーバルミックスカットによって325カラット(65g)の宝石に加工されました。

  • エスニック柄フラッグガーランド
  • DesertFox アウトドアテーブル キャンプ テーブル(94*55*50XH)
  • 無職転生 〜ロキシーだって本気です〜 2

天然石の参考書籍