神話

パイドラ

クレタ王・ミノスとパシパエの娘

テセウスと結婚の際に、アマゾン族でテセウスの妻だったアンティオペに襲撃されたが、テセウス、またはヘラクレスに守られたとされる。

アプロディテの計略により、テセウスヒッポリュテ(アンティオペとの説もある)の息子であったヒッポリュトスに恋心を抱くようにされ、ヒッポリュトスに気持ちを打ち明けるが拒否され、テセウスに「ヒッポリュトスに暴行を受けた」と遺書を残し、自ら命を落とす。

  • ポエミチ 撮影背景シート10柄セット
  • ゲーム制作者のための北欧神話事典
  • エーワン ラベルシール キレイにはがせる 95面 100シート 31172

神話の参考書籍