天然石

クリスタル

日本語名 水晶
原産地 アメリカ、スイス、ブラジル
モース硬度 7.0
効果
  • 浄化作用
  • 前向きに取り組む

4月の誕生石。古くは氷が化石化したものと信じられ、名前はギリシア語の「氷(Krustallos)」に由来します。クォーツの1種で二酸化珪素(SiO2)で構成されますが透明な鉱石をクリスタル、不透明な鉱石をクォーツと分類されます。

クリスタルは英語では「結晶」を意味するため、ロック・クリスタル、クリスタルクォーツなどと呼ばれ区別されます。また色や形によって名前が異なり紫色に輝くアメシスト、黄色に輝くシトリンエレスチャルなども様々な派生が存在します。

1926年にはマヤ遺跡からオーパーツとされている水晶で作られたドクロも発見されるなど、古くから宗教的儀式、装飾品、印章などに利用されてきました。

1880年に物理学者のジャック・キュリーとピエール・キュリーによって圧力を加えることで電気が発生する(圧電効果)ことが発見され、コンピュータ、携帯電話などの電子部品(水晶デバイス)などに利用されます。

効果

クリスタルヒーリングや宗教的儀式などに利用され、浄化作用、魔除け、危険を避けるなどの効果があるとされます。また、心身のバランスを整え、緊張感やストレスを取り除く効果があるとされています。

天然石の参考書籍