天然石

ヒデナイト

日本語名 リシア輝石
原産地 アフガニスタン、アメリカ、ブラジル
モース硬度 6.5~7.0
効果
  • 心に平穏をもたらす
  • 洞察力、理解力を高める

クロムを含むため緑色に輝くスポジュミン。名前は1879年にアメリカのノースカロライナ州で発見した鉱物学者のウイリアム・アール・ヒデン(William.Earl.Hidden)に由来します。

黄色に輝くものをトライフェーン、ピンク色に輝くものをクンツァイトと呼び、ヒデナイトは産出量が低く希少とされていますが、近年クンツァイトを放射線照射することで、緑色に変化したものがヒデナイトとして流通しています。

モース硬度が高いため傷が付きにくいことから、宝石などの装飾品に利用されますが、劈開性があり小さな衝撃で割れることがあり加工が難しいとされています。また、日光に長時間当てると退色するため取り扱いには注意が必要です。

効果

緑色のパワーストーンはヒーリング力が強く、精神のバランスを整え、気持ちを落ち着かせる効果があるとされ、またヒデナイトは心に平穏をもたらし、洞察力、理解力を高めると言われ、物事に集中して取り組みたい際に効果が期待できます。

天然石の参考書籍