天然石

トパーズ

日本語名 黄玉
原産地 インド、ブラジル、ロシア
モース硬度 8.0
効果
  • 心身のバランスを整える
  • 創造力、感受性を高める

11月の誕生石。名前はギリシア語の「探し求める(Topazos)」に由来します。トパーズにはOHタイプとFタイプに分類され、OHタイプはインペリアルトパーズやピンクトパーズなど屈折率が高く、日光などの照射でも変色しませんが、Fタイプは加熱処理や放射線照射によって無色のトパーズをブルートパーズ、グリーントパーズなどに色を変化させるため屈折率が低く、時間とともに色が退色することがあります。

OHタイプはFタイプよりも高価になるため、一般に販売されているものの多くはFタイプとされています。同じ11月の誕生石とされているシトリンはモース硬度や色が似ているためトパーズの代用石として利用されますが、一部ではシトリンをトパーズと偽り販売されることがあり注意が必要です。

モース硬度が高いため傷が付きにくいことから、宝石などの装飾品に利用されますが、劈開性のため小さな衝撃でも傷が付く恐れがあるため、取り扱いには注意が必要です。

効果

持ち主に幸福、希望を呼び寄せる力があるとされ、内面的な魅力や前向きに取り組む力を引き出すといわれています。また、アクアマリンと同じように創造力を高める効果があるとされデザイン分野などで効果が期待できます。

天然石の参考書籍