花・植物

アイ

漢字表記 藍、蓼藍、藍蓼
学名 Persicaria tinctoria
花言葉 美しい装い
誕生花 7月31日、9月12日
開花時期 7月下旬~10月

タデ科イヌタデ属の一年草。インドシナ南部、東南アジア、中国南部に分布しており、6世紀頃の奈良時代に中国を経由して、日本に持ち込まれたとされています。1878年にドイツで合成インディゴ(ピュアインディゴ)が発明されるまでは、藍染の染料として栽培、利用されました。インドシナ半島の原産と言われており、インディゴの語源にもなったといわれています。

日本では、アイ以外に、タデアイ(蓼藍)、アイタデ(藍蓼)とも呼ばれています。また、染料以外に、葉、花、種、根部分を解熱、解毒、消炎、止血などの漢方薬としても利用されます。俳句では秋の季語とされています。

草丈は60cmから1メートル程度に成長します。9月から10月頃に、紅色、桃色、白色の5mm程度の穂状の小さな花を咲かせますが、染料として利用する場合は、花が咲く前に全草を刈り取り、藍玉(あいだま)に加工する必要があります。

  • ドラゴンボール超 15
  • デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション(8)
  • 【2箱(6袋)セット】弦楽器用除湿剤

花・植物の参考書籍